Natureサービス利用規約

サービス利用規約 #

第1条 はじめに #

  • Nature株式会社 (以下「Nature」)が提供する製品(以下「本製品」)およびサービス(以下「本サービス」)をご利用いただきありがとうございます。この利用規約(以下「本規約」)は、本製品および本サービスのご利用条件を定めるものです。注意してお読みください。
  • 本製品および本サービスをご利用になる方(以下「ユーザー」)には、本規約に従って本製品および本サービスをご利用いただきます。本サービスを利用することにより、ユーザーは本規約に同意したものとみなします。同意されない場合は、本製品および本サービスを利用することはできません。
  • 本サービス内には、本規約以外に、個別の利用規約や「ヘルプ」、各種ガイドラインにおいて、本サービスの利用方法や注意書きが提示されていることがあります。当該注意書きなどは、本規約の一部を構成するものとなりますので、合わせてお読みください。

第2条 本サービスのご利用 #

  • ユーザーは、法律(製品の輸出、再輸出に関して適用される法規制を含みます)で認められている場合に限り、本製品および本サービスを利用することができます。ユーザーは、適用される全ての現地法を遵守してください。
  • ユーザーが本規約やポリシーを遵守しない場合、またはNatureが不正行為と疑う行為について調査を行う場合に、Natureは当該ユーザーに対する本サービスの提供を一時停止または停止することができます。
  • 本サービスの一部は、Nature以外のサービスを利用して提供しています。Natureは、全ての本サービスを継続して提供できるよう努めますが、Nature以外のサービスの変更・停止に伴い、一時的に本サービスの一部を停止、または全部を停止することがあります。本項に基づく本サービスの停止による損害について、Natureは一切の責任を負いません。
  • 本サービスの利用に関して、Natureはユーザーに対して、サービスの告知、管理上のメッセージ、およびその他の情報を送信することができます。ユーザーはこれらの通知について、受け取らないことを選択できる場合があります。
  • 本サービスの一部は、携帯端末で使用することができます。注意散漫になり交通や安全に関する法律を遵守できなくなる状態で本サービスを使用しないで下さい。

第3条 ユーザーアカウント #

  • 本製品および本サービスを使用するに際して、ユーザーは、ユーザーアカウントを作成する必要があります。ユーザーアカウントの作成時に、ユーザーのメールアドレスを登録します(以下、「登録メールアドレス」といいます)。ユーザーは、本サービスで使用するアプリへのメールアドレス登録をもって、ユーザーアカウントの作成を完了します。
  • ユーザーアカウントの作成で使用したメールアドレスに、Natureが、本製品または本サービスについてのお知らせを送る場合があります。登録メールアドレスには、常に確認することができるメールアドレスを使用するようにしてください。
  • ユーザーアカウントを保護するため、ユーザーアカウントの作成に使用したメールアドレスおよびユーザーアカウントにログインするための認証情報は、他人に知られないように、ユーザー自身で管理してください。
  • 登録されたユーザーアカウントにより行われた行為は、当該ユーザーアカウントのユーザーが行ったものとみなします。
  • ユーザーアカウントの情報が第三者に漏洩した場合もしくは第三者に利用された場合、またはこれらの恐れがある場合は、ただちにNatureへご連絡下さい。本人確認が取れ次第、ただちに、該当ユーザーアカウントについて本サービスの提供の停止を行います。ただし、ユーザーアカウントの情報の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はユーザーが負うものとし、Natureは一切の責任を負いません。

第4条 情報や権限の取得について #

  • Natureは、本サービスの利用において、ユーザーから以下の情報や権限を取得することがあります。Natureが個人情報(別途Natureが定めるプライバシーポリシー(以下単に「プライバシーポリシー」といいます)で定義される「個人情報」を意味します)を取得する場合には、ユーザーから任意に提供を受ける形で収集します。
    • ユーザーから任意に提供を受ける個人情報
      • メールアドレス、ユーザーアカウント上のニックネームなど個人を特定し得る情報
    • 本サービスの利用により、収集される情報や権限
      • 端末関連の情報(機器情報、端末IDなど)
      • 行動履歴の情報(本サービス上での利用者の動作、設定、選択、入力、利用日時、利用時間、位置情報など)
      • 本製品およびその連携機器の情報および操作権
        • 本製品のモデルやソフトウェアバージョンなどの基本情報、個体識別情報および操作権
        • 本製品が自動的に取得するセンサー情報
        • 連携機器の種別や操作プロトコルなどの基本情報および操作権
        • 連携機器から取得可能なステータスや電力などの情報

第5条 ユーザーデータの取り扱いについて #

  • ユーザーは、自身が本サービス上に投稿する情報や、第4条に基づきNatureが取得したユーザーの各種情報・データおよび権限(以下、合わせて「ユーザーデータ」)について、一切の権利を保持します。
  • ユーザーデータのうち個人情報やプライバシーに関する情報について、Natureは、プライバシーポリシーに基づき、ユーザーの個人情報およびプライバシーを適切に保護し、取り扱います。Natureのプライバシーに対する考え方の詳細については、プライバシーポリシーを参照してください。本規約への同意をもって、ユーザーがプライバシーポリシーに対しても同意したものとみなします。
  • 本規約への同意をもって、ユーザーは、プライバシーポリシーの対象となる個人情報を除くユーザーデータについて、本サービスのサポートやサービスの提供のために必要な利用権をNatureに対し付与したものとみなします。
  • ユーザーデータは、以下の目的にのみ利用されます。
    • プライバシーポリシーに規定される利用目的
    • 本サービスの向上を目的とした、利用状況の分析、統計データを収集するため
    • 本サービスのアップデートのため
    • 本サービスの利便性の向上のための機能やサポートを提供するため
    • 各ユーザーに最適化した情報を本サービス上に表示するため
    • 製品開発の参考(新商品や新機能のモニター募集を含む)等に用いるため
    • Natureによる市場分析やマーケティング支援などの企業向けサービスを提供するため
    • 上記の利用目的に付随する利用目的のため
  • 本サービスの一部は、Nature 以外のサービスを利用して提供しています。外部サービスの個人情報の取り扱いについては、外部サービスが各自定めるプライバシーポリシーをご参照ください。

第6条 ユーザーデータの第三者への提供 #

  • Natureは、ユーザーデータを第三者に対し、プライバシーポリシーに定める範囲で提供することがあります。
  • Natureは、ユーザーの個別の同意を得た上で、Natureの事業パートナーに対し、ユーザーデータを操作権を含む形で提供する場合があります。

第7条 ユーザーの責任 #

  • ユーザーが本製品および本サービスを使用するには、インターネットにアクセスする必要があります。そのための機器、ソフトウェア、通信手段は、ユーザー自身が各自の責任と費用で適切に準備、設置および操作してください。Natureは、ユーザーのアクセス環境や、それらの準備、設置および操作に関する一切の責任を負いません。
  • ユーザーは、本サービスを利用する間、ユーザーアカウントに登録した電子メールアドレスを受信可能な状態に維持するものとし、何らかの理由で当該電子メールアドレス受信不能な状態になった場合には、ユーザーは速やかに登録メールアドレスの変更を行ってください。Natureからの電子メールの不着によりユーザーが被った不利益については、ユーザー自身に責任があるものとし、Natureの責に帰すべき場合を除き、Natureは一切の責任を負いません。
  • ユーザーが本製品または本サービスの利用により他人の権利を侵害した場合、またはユーザーの本製品または本サービスを利用によって損害を受けたと主張するものが現れた場合には、当該ユーザーは自身の責任と費用で解決するものとし、Natureの責に帰すべき場合を除き、Natureは一切の責任を負いません。
  • ユーザーは、前項に関するあらゆる請求、損害、損失、責任、費用および支出(合理的な弁護士報酬を含む。)につき、Nature、Natureの関連会社およびライセンサーならびに、これらの各々の従業員、役員、取締役および代表者を防御し、これらの者に補填し、損害を与えないものとします。

第8条 通知 #

  • Natureは、本サービスに関連してユーザーに通知をする場合、本サービスへの掲示、NatureのWebサイト(そのドメインが「nature.global (サブドメイン含む)」であるNatureが運営するウェブサイト(理由の如何を問わずNatureのウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。)への掲載、または登録メールアドレスに宛てたメールの送信など、Natureが適当と判断する方法で実施します。
  • Natureが登録メールアドレス宛てにメールを配信して通知する場合、当該配信メールがNatureの責めに帰すべき事情以外の何らかの事情で配信エラーになった場合でもNatureは当該通知をしたものとみなし、Natureは、当該配信不能の登録メールアドレスへのメールの配信を止めることができるものとします。なお、メールが受信不能であったことおよびNatureの配信停止の措置によりユーザーに損害が生じたとしても、Natureは一切の責任を負いません。

第9条 禁止事項 #

  • 本サービスを利用するにあたっては、故意・過失の有無および行為形態の如何を問わず、以下の禁止行為に該当、または該当する恐れがある行為を行ってはいけません。Natureがユーザーの行為が禁止行為に該当または該当する恐れがあるものと合理的に判断した場合、Natureは該当ユーザーに対して本サービスの提供を停止できるものとします。また、Natureは、該当ユーザーの行為によりNatureが被った被害、損失、責任、費用および支出(合理的な弁護士報酬を含む。)について、該当ユーザーに対し賠償を請求することができるものとします。
    • 本規約に違反する行為
    • 第三者の権利を侵害する行為
    • プライバシーを侵害する行為
    • 詐欺行為
    • 無限連鎖講(ネズミ講)を開設、またはこれを勧誘・運営する行為
    • Natureおよび/または第三者のコンピューターに対して不正な操作を行う行為
    • 迷惑行為、いやがらせ行為、誹謗中傷行為、その他第三者に精神的・経済的損害を与える行為
    • その他、犯罪に関わる行為および/または法令に違反する行為
    • 本サービスを妨害する行為
    • Natureが提供するインターフェースおよび手順以外の方法で本サービスにアクセスを試みる行為
    • 本サービスに対して通常の利用の範囲を超えた特殊なアクセスを行う行為
    • 本サービスに関する情報を通常の利用の範囲超えて不正に取得する行為
    • 本サービスの利用に関して、Natureのネットワークやシステムに過度の負荷を与える行為
    • 本サービスに対する不正アクセスやクラッキングに相当する行為
    • その他、本製品・本サービスを不正に使用する行為
    • 本製品・本サービスを利用して、反社会的勢力等の活動を助長または反社会的勢力等に利益を供与する行為
    • 社会的に不適切な行為
    • Natureの承諾なくユーザーアカウントを転用・売却・再販・譲渡する行為
    • 本製品・本サービスを本サービス利用以外の目的で利用する行為
    • その他、Natureが不適切であると合理的に判断する行為

第10条 アカウントの制限や抹消等 #

  • ユーザーが以下の項目に該当するまたは該当の疑いがあるとNatureが合理的に判断した場合、本サービスの利用制限またはアカウントの抹消を行い、以降一切の本サービスの利用をお断りすることがあります。また、それによりユーザーまたは第三者が被った損害に関し、Natureは一切の責任を負いません。
    • アカウント登録時の情報に虚偽があった場合
    • アカウント登録後に登録内容に変更が生じたが、ユーザーが登録変更を行わなかった場合
    • ユーザーが禁止事項を行なった場合
    • ユーザーが反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他これらに準ずるものをいう)に該当する、または資金提供その他の方法により反社会的勢力等に協力、または関与しているとNatureが合理的に判断した場合
    • その他、Natureが不適切だと合理的に判断した場合

第11条 退会 #

  • ユーザーは、Natureに通知することにより、ユーザーアカウントを削除することができます。

第12条 本サービスの一時停止 #

  • 本サービスは、以下の理由により停止する場合があります。Natureは、速やかに復旧できるように対応しますが、場合によっては、復旧に時間がかかる場合があります。本サービスの停止により、ユーザーまたは第三者に不利益または損害が発生したとしても、Natureは一切の責任を負いません。
    • Natureの使用する設備やシステムの障害、保守、点検、修理、及びメンテナンス等の事由による場合
    • 火災、停電等の本サービスの提供に支障を来す場合
    • 地震、噴火、洪水、津波、台風、大雪等の天変地異により本サービスの提供に支障を来す場合
    • 戦争、動乱、暴動、騒乱、テロ、労働争議、行政措置等Natureの責めによらない事由により本サービスの提供に支障を来す場合
    • その他、運用上または技術上、Natureが本サービスの提供の一時的な停止が必要と合理的に判断した場合

第13条 本サービス内容の変更と終了 #

  • Natureは、随時、本サービスの全てまたは一部を変更(機能性や機能の追加・削除)することができます。また、本サービス全体または一部を一時停止、または終了することができます。
  • 本サービスの全体または一部を一時停止、または終了する場合は、やむを得ない事由によって事後に通知する場合を除き、本規約第8条に定める方法で、7日前までに通知を行います。ただし、やむを得ない事由により事前に通知することができない場合には、事後速やかに通知するものとします。
  • 本条に基づくNatureの措置に基づいてユーザーに生じた損害について、Natureの責めに帰すべき場合を除き、Natureは一切の責任を負いません。

第14条 知的財産権を含む財産権 #

  • 本製品および本サービスのすべてのコンテンツ(意匠、テキスト、ソフトウェア、コンフィギュレーション、グラフィックス、その他ファイルを含み、これらに限定されません)は、Natureの所有財産です。ユーザーは、転載、複写、複製、転送、抽出、加工、改変、送信可能化し、その他二次利用をする行為、または貸与、販売、再配布、公衆送信、再利用許諾等を行い第三者に利用させる行為はできません。
  • NatureおよびNature Remoは、登録商標または商標登録申請中です。Natureの書面による事前の許可なしに、その全部または一部を複製、模倣または使用することはできません。
  • Natureは、本製品および本サービスに関する特許、特許出願、商標、著作権その他の知的財産権を有している可能性があります。本規約または個別の規定において、NatureがユーザーにNatureの知的財産に対する利用許諾をしていない限り、Natureが本サービスをユーザーに提供することにより、Natureの知的財産についてユーザーに対して利用許諾したことにはなりません。本規約または個別の規定において、明示的に付与されていない全ての権利がNatureに留保されます。
  • 本規約に従い、本サービスに関する財産権のいかなる権限または所有権も、ユーザーに移転されません。
  • ユーザーが、本サービスに関して、Natureにコメント、提案または提言を提供した場合(以下、これらを「フィードバック」とします)、ユーザーは、本規約に基づき、本サービスに関するいかなるフィードバックを使用しまたは組み込むための、全世界における、無償、取消し不能かつ無期限の利用許諾をNatureに付与するものとします。
  • Natureが提供する本サービスの範囲内でユーザーが独自に作成した物について、ユーザーは、その作成物に対してのみ、引き続き知的財産権を保持します。

第15条 保証および免責 #

  • Natureは、本製品および本サービスがユーザーのみなさまに役立つように最大限の努力を行いますが、本製品および本サービスの内容において、本規約または個別の規定に明示的に規定されている場合を除き、Natureは、本製品および本サービスについて具体的な性能保証を行いません。たとえば、本製品および本サービスの特定の機能、その信頼性、利用可能性、またはユーザーのニーズに応える能力について、保証を行いません。
  • Natureは、本製品および本サービスの提供において、Natureが製造したものでない、ハードウェアおよびソフトウェアに起因してユーザーに生じた損害に対し、一切責任を負いません。
  • Natureは、本サービスに関連してユーザーが被った損害について、Natureの責に帰すべき場合を除き、一切賠償の責任を負いません。法令その他の理由によりNatureがユーザーに対して損害賠償責任を負う場合においても、Natureの賠償責任は、損害の発生事由に関係する本製品の対価としてユーザーが支払った金額を上限とします。

第16条 事業者による本製品、本サービスの利用 #

  • Natureと事業者の個別の合意なしに、事業者が本製品および本サービスを商用目的で利用することはできません。
  • Natureと事業者が個別に合意し、本製品または本サービスを使用する場合、当該個別の規定が適用されることがあります。
  • 事業者が事業のために本製品または本サービスを使用する場合、当該事業者の個別の従業員を含む合意した事業の範囲内に関わるすべての関係者は、本規約に同意しているものとみなします。
  • 本製品または本サービスを事業で使用する場合、本規約、個別の規定またはその他の合意により定められた場合を除き、本製品または本サービスにより発生した損害に対し、Natureは一切の責任を負いません。

第17条 秘密保持 #

  • 本規約において「秘密情報」とは、本製品または本サービスに関連して、ユーザーが、Natureより書面、口頭もしくは記録媒体等により提供もしくは開示されたか、または知り得た、Natureの技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。ただし、(1) Natureから提供もしくは開示がなされたとき、または知得したときに、既に一般に公知となっていた、または既に知得していたもの、(2) Natureから提供もしくは開示または知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの、(3)提供または開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの、(4)秘密情報によることなく単独で開発したもの、(5) Natureから秘密保持の必要なき旨書面で確認されたものについては、秘密情報から除外するものとします。
  • ユーザーは、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、Natureの書面による事前の承諾なしに第三者に秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
  • ユーザーは、Natureから求められた場合にはいつでも、遅滞なく、Natureの指示に従い、秘密情報ならびに秘密情報を記載または包含した書面その他の記録媒体物およびその全ての複製物を返却または廃棄しなければなりません。

第18条 権利義務の譲渡等 #

  • ユーザーは、Natureの書面による事前の承諾なく、本規約に基づく権利または義務を、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  • Natureが本サービスにかかる事業を第三者に譲渡(事業譲渡、会社分割その他態様の如何を問わないものとします)した場合、Natureは、当該譲渡に伴い本規約に基づく権利および義務ならびにユーザーのアカウントの情報その他の顧客情報を当該譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。

第19条 本規約の変更 #

  • 本規約を変更する場合、Natureは、ユーザーに対し、本規約を変更すること、変更後の規約内容およびその効力発生時期を、第8条に定める通知方法その他適切な方法により事前に通知します。ユーザーは定期的にNatureからの通知と本規約をご確認ください。
  • 変更後の規約内容は、前項に基づく事前の通知から7日間の経過をもって発効するものとします。
  • 変更後の本規約に同意されない場合には、本サービスの利用を停止して下さい。
  • 変更後もNature のWebサイトまたは本サービスにアクセスし利用を続けることにより、ユーザーは変更後の本規約に従うことに同意したものとみなします。

第20条 準拠法、管轄裁判所および規約の優先順位 #

  • 本規約の準拠法は、日本法とします。
  • 本規約に関して生じる紛争の第一審の専属的合意管轄裁判所を東京地方裁判所とします。
  • 本規約は、日本文と英文で作成されていますが、日本文と英文の間に不一致または相違がある場合は、すべて日本文が優先するものとします。
  • ユーザーが本規約を遵守しない場合に、Natureが直ちに法的措置を講じないことがあったとしても、そのことによって、Natureが有している権利(たとえば、将来において法的措置を講じる権利)を放棄しようとしていることを意味するものではありません。

第21条 存続条項 #

  • 本規約のいずれかの部分が無効とされる場合でも、本規約のその他の部分の有効性に何ら影響しないものとします。
  • ユーザーが本製品・本サービスの利用を終了した場合でも、第7条、第9条、第14条、第15条、第18条、第20条および本条の定めは有効に存続するものとします。